なぜ転職したいのかを十分に考える事が重要

転職活動に取り組む時に大事なことは、転職動機を自分の中ではっきりさせることです。こう書くと、そんな転職理由は明確なはずと言う反論もありますが、実は意外とその理由が明確ではないケースも少なくないのです。

会社の人間関係に不満があったり、待遇をもっとよくしたいという気持ちがあることは事実かもしれません。仕事や職場を俯瞰で見ての転職判断がされていない事が非常に多いのです。

仕事が自分に適しているか否かには、色々な側面があります。給与等の待遇面、勤務時間やワークライフバランスに関すること、仕事のやりがい、スキルアップや人間関係等、様々な要素がが絡んでいるのです。

いくつかの条件のうち、今の仕事が自分の希望を満たしたものであるならば、あえて転職をすることはありません。自己の許容値を超えていると不満を感じやすくなり、転職を考えるようになるのが一般的です。

この時に、不満点のことばかり考えていると、その他の点について目が向かなくなることがあります。そうした状態で転職してしまうと、確かに仕事の難易度は能力に適して楽になったものの、やりがいがなくなったとか長時間労働で嫌気がさすと言った別の不満が大きくなって、また転職を考えるようになるのです。

こうした転職を繰り返す事態にならないためには、仕事や職場を多面的そして俯瞰的に見て、転職する理由をしっかり考えることが大切です。転職した後の仕事や職場の各条件について整理して考えておくことは、面接の際にも役立つものなので、極めて重要なことと言えます。

これから就活が始まる方は、仕事に就く際の訓練を学生のうちから始めておくと良いかもしれません。色んなアルバイトから色んな仕事を垣間見えることもあるかもしれません。様々な仕事に触れながら、考えてみるといいですね。

マッハバイト 怪しい